ワガノワ便り 入江栞奈ちゃんより

昨年11月からワガノワ留学の入江栞奈(Irie Kanna)ちゃんからのメールが届いています。

栞奈ちゃんからはきれいなハガキも年末に送ってもらっているのに、年末年始の慌ただしさにまぎれて、皆様にご披露する時期を逸してしまいました。ごめんなさい。

栞奈ちゃんは奈良のワークショップに連続して参加してくれていて、講師の先生方やスタッフとも顔見知りです。

すごく頑張り屋さんなので、頑張りすぎが少し心配になるくらいです。

ワガノワではコワリョーワ先生のクラスで、日本人は一人だそうです。

心細さも少しづつ克服ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コワリョーワ先生が日本公演でおられないので、しばらくは違う先生のレッスンです。
同じクラスの人からグリバーノワ先生のレッスンを受けると聞いて、今はそのクラスを受けています。グリバーノワ先生も私のことを覚えていて下さって、たくさん注意して頂いています。少しでも綺麗になれるよう、日々レッスンを大切にし、コワリョーワ先生のレッスンを受けるのを楽しみにしているところです。

後期はエグザムや留学生公演もあり、考えると今から少し緊張しますが、ここでレッスンできることが本当に幸せだと改めて実感しています。これからももっともっと頑張ります!


グリバーノワ先生のクラスを受けることを教えてくれたクラスの人が、先週は、体調を崩して、ほとんど来られていなかったので、本当に体調管理は大切だなぁと改めて感じています。
いつも精一杯レッスンできるよう、体調管理の面でも気をつけて生活します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 写真は、先週、後期初めて外に出た時の写真と、昨日の写真です。

 冬休み前に比べて雪が増え、また、日は長くなった気がします。

 

 

 

 

 

 相変わらず日の出は遅いのですが。夕方外に出たら、夕焼けが綺麗でした。

| - | 11:18 | - | - | - | - |

キエフ国立バレエ団 門馬美沙希さんより

ワガノワに留学していた門馬美沙希(Monma Misaki)さんから、待望の就職連絡がお母さま経由で届きました。

「踊れる」日々を送っている幸せが伝わってくる近況報告です。

どんどんレパートリーを増やして活躍してほしいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご無沙汰しております。
ご連絡が大変遅くなり申し訳ございません。
ワガノワバレエアカデミーへの留学後、やっと進路が決まり落ち着きましたのでご報告です。
去年の10月よりウクライナのキエフ国立バレエ団に入団し、日々充実した生活を送っております。
バレエの公演は週3〜4回で毎回演目が違い、次から次へと新しい振り付けを覚えなくてはいけないのですが、何を踊っても完璧な先輩ダンサーに刺激を受けています。またウクライナは文書や文字はウクライナ語が多いですが、日常会話はロシア語が多いので、ロシア留学で学んだことが生かされていると思います。
年末年始にはフランスのパリツアーでくるみ割人形に参加させて頂き、中国を踊りました。ワガノワ留学の際、一度学校公演で踊らせて頂いたことがありましたが、またバレエ団に入団して踊れたら良いなと思っていたのでそれが叶い幸せな気持ちでいっぱいでした。
まだまだ未熟ですが、日々精進して参ります。

門馬 美沙希

 

 

 劇場 //とても趣のある建物ですね。

 

 シルフィード2幕//すてきな舞台です。

 

 中国の踊り//やはり踊ったことのあるレパートリーだから?余裕が垣間見えます。

| - | 19:17 | - | - | - | - |

ワガノワ公演 ツィスカリーゼ校長との出会い

昨日、大阪、吹田市のメイシアターでワガノワの公演がありました。

皆様のなかにも行かれた方が多いのではないかと思います。

 

ワガノワよりツィスカリーゼ校長も来られるという連絡をいただき、急遽、鈴木代表、「日本国際バレエ協会」針山愛美、祐美さんの3名がメイシアターを訪問しました。楽屋廊下でツィスカリーゼ校長が鈴木代表を見つけられ、喜びの再会でした。

なにしろツィスカリーゼ19歳からの知り合いですから。コワリョーワ先生も加わり、下のショットとなりました。

 

 新しい世代への引継ぎも顔をあわせて紹介でき、楽しく有意義な一刻でした。

| - | 19:10 | - | - | - | - |

奈良国際バレエ工房からのお知らせ

皆様、

 

2019年という新しい年が始まったばかりで、突然ではありますが、奈良国際バレエ工房の業務移行のお知らせです。

HPに掲載させていただきましたとおり、本年3月末日をもって「奈良国際バレエ工房」事務局は閉鎖、これに伴い「日本国際バレエ協会」(神奈川県川崎市)に事業を引き継ぐことになりました。

奈良の地にでのバレエはコンペティションが14回、ワークショップは16回と回を重ねましたが、若い世代へのバトンタッチということで川崎へと移ります。

日本国際バレエフェスティバル

http://japanballet.com/

 

日本国際バレエ協会

http://japanballet.org/

 

奈良で皆様にお会いできなくなるのは本当に残念ですが、これまでの事業を継続する形で新しい組織で運営されます。

新たな地で新たな出会いが生まれますよう、どうぞご参加、ご協力をお願いいたします。

 

 (このブログはまだ継続中です!)

 

 

 

| - | 12:32 | comments(0) | - | - | - |

ファイナルコンサート抜粋 You Tube UP

皆様、

明けましておめでとうございます。

 

お待たせしましたが、やっと「第16回ワークショップ in 奈良、ファイナルコンサート」の抜粋をYouTubeにUPしました。

「奈良国際バレエ工房」のHPからご覧になれます。

 http://naraballet.jp/final-concert/

時間の制限があるので、何度も秒単位の編集をくりかえしました。

本来ならもっともっとたくさんの素晴らしい場面、そして講師の先生方との交流会の楽しい場面など、涙をのんでカットせざるを得ませんでした。

それでもなんとか、ワークショップの雰囲気を感じていただけるかと思います。

 

このコンサートは出身地も年齢もバレエ履歴も様々な受講生の皆様が、たった8日で到達できる頂だと思います。

数演目の振りを覚え、舞台で発表するまで皆でいっしょになって自主練習を重ねる・・・。

その真摯な姿、そして成果ともいえる舞台。

毎年、スタッフ一同、参加者の皆様の無限の可能性に感動しています。

 

 

| - | 11:52 | - | - | - | - |

ワガノワ、ペルミから年賀

皆様、今年も残すところあと1日と数時間になりました。

日本は標準時が一つで簡単ですがロシアは11ものタイムゾーンに国内が分かれています。

西と東では10時間の時差があるのです!

同じ国なのに「Happy New Year!」と同時に言えないのですね。

ペルミは日本より4時間、ワガノワのサンクトペテルブルグは6時間遅く新年になります。

ところがマリインスキー沿海州舞台のあるウラジオストックは日本より1時間早い新年です!

 

さて、そんな大きな国にあるペルミ国立舞踊学校とワガノワ名称ロシアバレエアカデミーから

新年のGreetingが届きました。

 

 

             ペルミから

 

 

               ワガノワから

 

    今年夏のワークショップ、ファイナルコンサートの抜粋をYouTubeにupする作業が遅くなり年内に間に合いそうにありませんが、upできましたらすぐにブログでお知らせします。

   では皆様、良いお年を!

 

| - | 18:21 | - | - | - | - |

ヘルシンキ ヴァンター空港のツリー

今日、ワガノワから帰国した冨田さとちゃんが、乗り継ぎのヘルシンキの空港で素敵なツリーと遭遇!

写真を送ってくれました。

バレリーナが踊っています。

こんなツリーのある空港を通過できたなんてハッピーですね。

 

 

 

 

| - | 19:29 | - | - | - | - |

ワガノワ便り 冨田さとさんより

クリスマスも終わり、もう今年も数日となりました。

11月からワガノワ留学の冨田さとちゃんからお便りが届きました。

夏のワークショップで指導していただいたグリバーノワ先生のクラスです。

冬休みでもうすぐ帰国です。あっという間の日々だったでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらに来て、1ヶ月半が過ぎました。
だんだん寒くなっていき、雪もうっすら積もってきました。

レッスンでは斜めの床にも慣れてきて、先生の注意も簡単なことなら聞き取れるようになりました。 
こちらでは芸術に触れる機会もあり、11/25にはエルミタージュ美術館に12/5はオーケストラを聴きに連れて行ってもらいました。
12/17にマリンスキー劇場であったくるみ割りのリハーサルも見に行くことができました。
こちらでは本当にきれいな人が多くて、学ぶことがいっぱいです。
少しでもみんなに追いつけるように頑張ります!

 

 

 「今年は雪がふるのが遅かったらしく、11月27日に初めて雪が積もった時に、

 食堂を出たすぐの窓から外を見た時に窓にハートマークが書いてありました。」

 ホントですね、言われないと気がつかないけど二つのハートが寄り添ってる!

 普通初雪は10月始めですが、本当に遅い雪でしたね。

 

 「12月の最初の日曜日にオーケストラを聴きに行った帰りに、出会ったクリスマスのイルミネーション」

 クラシックのコンサートですね。気軽にクラシック音楽が聴ける環境は素敵です

 

 これはエルミタージュですね。やはり文化の香りに満ちています。

 

 

| - | 15:52 | - | - | - | - |

ペルミ便り 川村桃加さんより

年末のペルミより川村桃加ちゃんからお便りが届きました。

ペルミの今日の気温はマイナス8度です。昨日は確かマイナス13度でした。

日本もここ数日は寒いですが、ペルミにはかないません。

ロシアの人はマイナス10度くらいが一番快適な冬の気温だといいます。

なぜかって、風邪の菌は繁殖しないし、路面も適度に凍っていてタイヤが張り付くのでスリップしにくいとのこと。

(カチカチの保冷剤を触ったら、指が張り付くのと同じらしいです。凍った路面がとけたら滑るので危ないのです。)

それにベランダは天然の冷凍庫になります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良国際バレエ工房の皆様へ

寒さが深まる中、寮や学校、そしてペルミの街もクリスマスの飾りで彩られ賑やかな季節となって参りました。いかがお過ごしでしょうか。
ペルミに来て3ヶ月以上が経ちましたが、ますますバレエが好きになったと感じる日々です。
ペルミのバレエ団の公演を見ることが出来るのも本当に幸せです。
先日、初めてのイグザム(注:試験)がありました。緊張しましたが、無事に終わりほっとしています。
前期は残すところあと一週間ほどとなりました。気を抜かずにたくさんのことを吸収して帰国したいと思います。
日本も本格的な寒さになるころだと思われます。お体を大事にお過ごし下さい。

                       川村桃加より

  

 バヤデールのリハーサルを観た帰りのペルミ劇場前のツリーです。

 シンプルな清々しいツリーですね。

| - | 10:11 | - | - | - | - |

ワガノワ便り その2 二万智穏さんより

先日、11月留学の二万君からの写真を掲載しましたが、今日はその続きです。

日本は異常気象で12月とは思えない暖かさですが、サンクトペテルブルグは雪は降っているようですが4度くらいらしいです。

 

 美しい夜景です。建物も歴史を感じさせますね。

 

 11月留学の3名のロシア語の課外授業でエルミタージュ美術館見学だったとのこと。

 豪華さに眼を奪われたことでしょう。宮廷文化のなかでバレエも花開いたのですから、やはりその場を自分の眼で見て、自分をおいてみると言うことはとても貴重な経験だと思います。

 

 

| - | 18:38 | - | - | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM